ヤマカガシの生息地や毒性と見分ける特徴や画像は?応急処置も確認!

兵庫県伊丹市の公園で、小学5年生の男の子がヘビに噛まれました!

男児は帰宅後に血が止まらなくなり、頭痛を訴え病院に搬送されましたが、意識不明の重体だといいます。

情報追記:男の子は血清を投与され、意識が戻ったそうです!!

このヘビは”ヤマカガシ”とみられているそうです。

↑公園で男児を噛んだヤマカガシとみられるヘビ

街中の公園で、子どもが毒ヘビに噛まれるなんて、想像したことありますか?
「ヘビには近づいちゃダメよ!」
なんて注意しようと思う家庭は少ないと思います。

ですが、現実にこのような事件が起きています。

  • ヤマカガシの生息地
  • ヤマカガシの特徴
  • 他のヘビとの見分け方
  • 噛まれた時の応急処置

いつ、どこで何が起きるかわかりません。
キャンプに行っても、山登りをしても。

念のために確認するためにも、情報をまとめてみました!

スポンサーリンク

ヤマカガシの生息地や毒性は?

敵を知らなければ、身を守ることはできません!
まずは、ヤマカガシについて、確認しておきましょう!!

ヤマカガシの生息地

ヤマカガシは日本固有種で、本州、四国、九州から、隠岐の島、屋久島、種子島など、広く分布しています。

「ヤマカガシ」は「山のヘビ」という意味ですが、実際には高い山ではなく、

  • 平地
  • 標高の低い山
  • 水辺
  • 水田地帯
  • 湿地

などを好んでいるようです。
水辺で、カエルやドジョウなどを食べているようです。

ヤマカガシの毒性

毒ヘビといえば、マムシやハブが有名ですが、実はこのヤマカガシも猛毒を持つヘビなのです。

その威力は

  • マムシの3倍
  • ハブの10倍

とも言われています。

そう考えると大変恐ろしいですね!

かまれた直後はあまり痛んだり腫れたりしませんが、

  1. 毒が血管内に入ると
  2. 全身の止血作用が失われ、血が止まらなくなる
  3. 毛細血管から出血することもある
  4. 噛まなくても毒液を飛ばして目つぶしすることもある

噛まれると亡くなってしまうケースもあるといいます。

見分けるための特徴や画像を確認!!

ヤマカガシの特徴や、他のヘビとの見分け方をかくにんしておきましょう!

  • 全長60~120㎝とやや大きめ
  • 体の色は、暗い緑色に赤と黒の鮮やかな模様
  • 個体差や地域差で体の色が違う

近畿地方や中国地方では模様があまりなかったり、青味がかったり、まれに黒い個体もいるそうです。
今回の兵庫県のヤマカガシは、真ん中の青味がかった個体に近いですね。
(画像引用元:ジャパンスネークセンター)

とにかく、ヤマカガシの特徴的な赤いウロコ模様があるならもちろん、そうでなくとも危ないので近づいたりしないようにしましょう!

動画では、実際のヘビの動きなどが確認できます!
実際にどのような場所で、どのような走り方?をするのかを知っておくのは無駄ではないと思います。

万が一、噛まれてしまった場合の応急処置は?

まずは救急車が一番です!!

蛇に噛まれた場合、色々な対処が必要です。普通の咬傷とは違いますので、すぐ病院へ行きましょう。腕を縛ったり、かみ傷を吸ったり、細かく切り刻んだりと言う処置は無効と言われていますので、水で洗うぐらいにして病院を受診しましょう(入院になるかもしれません)。
一般的なヘビ咬傷に対する処置は以下の通りです。
・感染対策 嫌気性菌もいますので、それもカバーする抗生物質の投与が必要です。
・破傷風予防 ヘビ咬傷に限らず、全ての創傷に対して必要ですが。
・抗毒素投与 ヤマカガシの血清は普通ありません。
・全身管理 腎臓が悪くなったり、出血傾向がきたりします。

ヤマカガシの血清は普通ありません。よって、マムしかヤマカガシかを区別する事はとても重要です。

引用元:http://kekimura.blog.so-net.ne.jp/

ヘビの判別は『ジャパン・スネーク・センター』(下記サイト)というところに依頼するとよいようです。
噛まれたら、すぐに病院!ですが、その際にヘビの特徴なども必ず伝えましょう!!

ジャパン・スネークセンターは、(一財)日本蛇族学術研究所が運営する、日本で唯一の蛇類専門の研究・展示施設です。

また、このようなグッズも市販されています!!

ハチなど、危険がいっぱいですので、
楽しいレジャーに出かける前に、念のため持っておきたいですね^^

ただ、あくまでも応急処置です!すぐに病院へ!!!

まとめ

今回、ヤマカガシについてわかったこと、

  • 生息地は日本全域!!
  • 毒性はものすごい!危険!!
  • 特徴的な赤い模様がない地域もあるので、ヘビ全般注意!
  • 噛まれたらすぐに病院へ!!!

とにかく、他のヘビと見分けがつく、つかないに関わらず、まずは近づかないこと!!
君子、危うきに近寄らず!です。

そして、万が一何かあった場合は、迷うことなく救急車を呼びましょう!
勝手な判断は命に危険が及びます!!

こちらもどうぞ!!

カツオノエボシの生息地や毒性と症状の特徴や画像は?応急処置も!
夏は暑いです!!ι(´Д`υ)アツィー そんな時は海で思いっきり、夏の暑さを楽しみたいものです!! でも、ちょっとちょっと待って!!...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする