笑ってはいけないの外国のこども人形はチャッキー!チャイルドプレイが懐かしい!

「絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」始まりましたね!!

早速、おまめ中央警察署に到着しましたね!

そこにあった不気味な外国人のこどもの人形
不気味すぎですね!

これ、知ってる方は年代がばれちゃいます!
知らない方も多いですよね!

さて、なんの人形でしょう!?
ご紹介していきます!!

スポンサーリンク

「絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時」に登場した外国の子どもの人形は誰?

こちらの人形は、
アメリカのホラー映画『チャイルド・プレイ』 に登場する人形です!
こう見えて、中身は中年のオジサンです!!

チャッキー

中身のおじさんは殺人鬼の霊!!
怖いっすよ!

「チャイルドプレイ」とは?

『チャイルド・プレイ』(原題: Child’s Play)は、アメリカで制作されたホラー映画。米国ではR指定、日本ではR15+指定。

自分の魂を人形に移した殺人鬼が生身の体を手に入れるために人々を襲う内容。

逃亡中にマイク刑事に撃たれ、致命傷を負った殺人鬼チャールズ・リー・レイ(チャッキー)は、死の直前に逃げ込んだオモチャ屋で会得していたブードゥー教の秘術によって売り物の親友(グッドガイ)人形に自分の魂を移す。

しかし、このままだと自分が永遠に人形のままであることを知ったチャッキーは、生身の体を奪うべくチャッキーとは知らずにこの人形を買った少年アンディの体を乗っ取ろうとする。アンディはチャッキー人形が生きていることを知り、周囲の人間に危険を知らせるものの幼いアンディに誰も耳を貸そうとせず、被害が拡大していくばかりかアンディが犯人だとされ、最後には精神病院の独房へ閉じ込められてしまう。

一方チャッキー人形の正体を知った母親カレンとマイク刑事はアンディを救うべくチャッキーに最後の戦いに挑む。うwikipedia

R15だったんですね 汗
なんだか小学生の頃にビデオで見てやたら怖かった思い出があります!

こちらは続編がたくさん出ています!

いずれにしても、人形が怖くなること請け合いです!

実際の仕掛けは?

やっと動き出しましたね!チャッキー・・・でなく、”呪いの人形方正”!
5人がいない間に方正の顔にかわってました!

これは、いつもの『笑い袋』のかわりのようですね!
方正人形が笑うと、

「方正、アウトー!!」

牢屋には、鍵&電流という仕掛けでしたね!!!

がきデカのパンツじゃ、痛み半端ないでしょうね・・・

まとめ

『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時』のおまめ中央警察署に置かれていた、外国の子どもの人形についてご紹介しました!

人形は

  • 映画『チャイルド・プレイ』のチャッキー

この後、どのような展開でこちらのチャッキーが活躍するのでしょうか?
絶対動くんでしょうね・・・。
→呪いの方正人形になりました!!
笑い袋のかわりですね!

楽しみです!!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする