【森泉】アプリ・ウーバーイーツ:配達可能な料理や時間、エリアが気になる

アメリカ・ウーバーの日本法人が料理配達を始めました!


Uber(ウーバー)はもともと、アメリカで生まれたタクシーの配車サービスです。
「タクシーが必要な人」と「運転可能な人」がお互いに利益のある関係で、間を取り持つ仲介サービスです。

そんなUberの日本法人が始めたサービスが『Uber EATS(ウーバーイーツ)』なのです。

簡単に言うと、タクシーの配車サービスのフード版、ですね。

つまり、「レストランの料理を食べたい人」のところに、「時間があって配達できる人」が空き時間に配達をして、気軽にお金を稼げるというサービスなのです。

実際に、どんな料理が注文できるのでしょう?
宅配ピザなら30分以内がメドですが、ウーバーイーツは配達にどのくらいの時間がかかるのでしょう?
配達可能なエリアは決まっているのでしょうか?

気になりますねっ!

スポンサーリンク

Uber EATS:ウーバーイーツの特徴は?

まず、一番の特徴はアプリ上ですべて決済可能なことです。
注文から支払いまで、アプリ上で完結しますので、実際に現金での支払いはありません。

アプリをダウンロードし、初回のみ登録が必要です。
現金での支払いはありませんので、支払い情報の登録も必要になります。

配送エリア内であれば、どこを指定してもかまいません。
公園でランチするもよし、お出かけ前に最寄駅でランチを受け取るもよし、です。

注文を受けると、レストランの従業員ではなく、ウーバーの配達員が配達をしてくれます。

注文者と配達者はWin-winの関係

このUber EATSのサービスにおける、注文者のメリット

  • Uber限定で、通常はテイクアウトができないレストランのメニューも注文できる
  • 配送エリアなら、駅や公園でも配達してくれる
  • 30分前後で料理が届く。(あらかじめの予約も可能)

配達者のメリット

  • 時間が空いた時に、気軽にバイトができる
  • スケジュールは自由

自転車やバイク、または徒歩での配達限定です。
クルマは不可です。

どんな料理が注文できるの?

Uber EATSのアプリまたはサイトから、配達先近辺の儒所を指定すると、提携レストランの一覧を見ることが出来ます。

たとえば、「現在地:品川」を入力すると・・・
ホテルのフレンチ、イタリアン、日本料理、インド料理など本格的なものから、大戸屋、スシロー、ファーストキッチンなどの気軽なもの、カフェやドーナツなどのデザートショップまで、あらゆるジャンルのお店を利用することができます。

レストラン・パートナーとして登録している店舗は500店舗以上となっています。

普段、テイクアウト不可のショップを利用するもよし、ファーストフードをショップに行かずしてテイクアウトするもよし、並ばずに人気の料理を楽しむのもよし、ですね。

気になる価格は??

たとえば、ランチで利用できるレストランの全体的な相場は1,200円前後ほど。

一般的なランチよりは、やや割高ですが、受け取りたい場所まで食べたいものをテイクアウトしてきてくれるサービスを考えると、魅力的なサービスですね。

お得な割引

初回登録をお友達紹介で始めると、お得な初回注文割引を利用することができるようです。
また、拡大エリアに当たる方は、拡大エリアキャンペーンなども行われていますので、登録前・注文前には要チェックです。

配達時間はどれくらいかかるの?おなかがすいたらすぐ食べれるのかしら?

アプリやサイトの注文画面で、レストランごとに「配送予定時間」が記載されています。
おおむね30分程度、長くても40分ほどのお店が多いです。
料理のジャンルによって、所要時間が変わってくるのはいたしかたないですね。

10分で届く本格フレンチなんて、ありえませんもの。

配達エリアは決まってる?

こうなると、一度は試してみたいものですが、配達可能エリアが気になります。

現在も継続的にエリア拡大中の配達エリアは、

  • 中目黒・五反田・竹芝・新橋・日比谷エリア
  • 新宿・代々木、三軒茶屋・下北沢および四ツ谷・市ヶ谷などの新宿区・世田谷区・千代田区の一部
  • 銀座・丸の内・日本橋・京橋

となっています。

やっぱり、まだまだ昼間人口の多いビジネス街や繁華街が対象となっているようです。
需要も大事ですが、供給できる時間のあいた配達員がそこにいることも条件ですからね・・。

配達員ってどんな人がやってるの?

フリーターや、大学生、初老の方まど、さまざまなバックグラウンドの方が登録され、実際に配達をされています。


配達員の登録も、「プロモーションコード」など紹介システム特典があります。
(紹介ボーナスがもらえるようです!)

気になるバイト代(配送料)ですが・・・。

配送料=受け取り料金(レストラン)+受け渡し料金+距離料

となっており、近場であれば、だいたい700円~1200円くらいが相場のようです。
こんなんで稼げるのかな?と不安にもなるのですが、ひまな時間をふらっと利用することを考えると、長時間バイトで高速されるより、自由な働き方ができるのではないでしょうか。

また、特別ボーナスもあり、30回など、規定数の配達をクリアしたり、配達時間が遅い場合、雨の日などインセンティブが付くシステムのようです。

上級者は一日で20,000円以上稼ぐそうですよ!

インセンティブが楽しみですね。

クルマでの配達じゃダメなの?

配達員は、自転車か原付での配達が決まりです。
雨の日なんかは、ちょっと嫌になっちゃいますね。

というのも、日本の法律では、貨物配送に規制があります。
ですので、自動車やバイク(自動二輪)での規制があるため、その対象とならない「自転車・125㏄以下の原付」での配送のみとなっているようです。

試してみたいものですが、東京以外にも普及してくれるといいですね

とても便利なシステムのウーバーイーツですが、都内だけでなく、関西などのビジネス街で普及していくといいですね。
とても、アメリカンな感じがして、おしゃれですもの。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする