Youtube収益プログラム規制強化!適格要件の内容や報酬支払いの参加条件は?

Youtubeが規制強化に乗り出しました!

あれの影響なのでしょうか?
ローガン・ポールの自殺の名所のやつ!?

これで、ちびちびと収益を上げていた駆け出しYoutuberたちが、
どれだけ露頭に迷うことになるのでしょうか?

Youtubeの収益受け取りに関して、新しく変更された適格要件の内容とはどのようなものなのでしょうか?

スポンサーリンク

Youtubeパートナープログラムの変更についてのお知らせ

Today we are announcing changes to the YouTube Partner Program (YPP).

it doesn’t meet the new threshold of 4,000 hours of watchtime within the past 12 months
and 1,000 subscribers. As a result, your channel will lose access to all monetization tools and features associated with the YouTube Partner Program on February 20, 2018 unless you surpass this threshold in the next 30 days. Accordingly, this email serves as 30 days notice that your YouTube Partner Program terms are terminated.

YouTubeパートナープログラム(YPP)の変更をお知らせします。
今日発表された新しい適格要件の下で、あなたのYouTubeチャンネルは、過去12ヶ月以内に視聴時間が4000時間、1,000人の新規加入者数に達しないため、収益受け取りの対象にはなりません。その結果、今後30日間でこの上限を超えない限り、チャンネルは2018年2月20日にYouTubeパートナープログラムに関連付けられているすべての収益化ツールと機能にアクセスできなくなります。

YouTube上で動画を投稿するクリエイターが、動画を収益化することで表示されるようになる広告や、YouTube Redの利用者による視聴から収益を受け取ることができるようになるプログラムが「YouTubeパートナープログラム」です。
YouTuberなどはこのYouTubeパートナープログラムを使ってお金を稼いでいるわけですが、同プログラムへの参加基準が2018年2月20日から新しく変更されることとなり、「過去12か月の総再生時間が4000時間以上」と「チャンネル登録者数が1000人以上」であることが必要となります。
Livedoor

つまりは、Youtubeでお金を稼ごうと思ったら、

  • 過去12か月の総再生時間が4000時間以上
  • チャンネル登録者数1,000人以上

こちらの条件をクリアする必要があるのです!

駆け出しYoutuberには結構なハードルですよね!!!

まとめ

こどもたちの将来なりたい職業にもなったYoutuber!
いろいろな騒動のための規制強化なのでしょうか。

実際に収益を上げるためには、

  • まずはコツコツチャンネル登録者集め
  • 再生時間を増やす

ここまで無償で頑張りましょう!
ということなんですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする