松本花奈が女子大生にしてHKTのMV監督!作品画像や動画は?大学は?

HKTの10thシングル「キスは待つしかないのでしょうか?」のMVを、なんと!AKBグループとしては最年少、女優で映画監督>松本花奈(19)が監督したことが発表されました!

19歳という若さで、

  • 女優
  • 映画監督
  • 大学生

すべてをこなしているなんて、驚きですΣ(・□・;)!

そんな松本加奈さん、どのような女性なのでしょうか?
また、これまでにどのような作品を発表されているのでしょうか?

スポンサーリンク

注目の松本花奈さんってどんな女子大生?

注目の女子大生映画監督、松本花奈さんって?

松本花奈(まつもとはな)さん

  • 1998年1月24日生まれの19歳
  • 映画監督
  • そして女優
  • 慶応大学総合政策学部の学生
  • 早稲田大学のシナリオ研究会
  • *慶応には映像系のサークルが無かったそうです

子どもの頃から子役として、映像の世界に興味を持っていたそうです。
そして、中学生の時から映像制作を始めています。

女優さんをされているだけあって、やはりキレイな方ですね!
そのうえ、監督としてのセンスもあるだなんて、天は二物を与えず、というものですが・・・。
うらやましいです。

これまでの作品は?

これまでの映像作品には、どのようなものがあるのでしょうか?

中学生の時より映像制作を始める。16歳で監督・脚本・編集をてがけた映画『真夏の夢』がゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015 フォアキャスト部門に正式出品。
映画『真っ赤なポピー』の監督・脚本・編集、竹友あつき『ワレモノ注意』のMV監督・脚本、テレ玉地上波「オール☆in one」のドラマパート編集、井上苑子『大切な君へ』のMVの監督・脚本・編集をつとめる。近作『脱脱脱脱17(ダダダダセブンティーン)』では、the peggiesの音楽との共作も注目された。

16歳の時にてがけた『真夏の夢』


16歳のときにとった作品!!
凄い才能です!16歳だなんて!!

女子高生生活最後にてがけた長編『脱脱脱脱17』

経歴だけを見ると、まだまだ短い人生の中に成功ばかりで華々しく見えますが、
過その裏には、たくさんの落選も経験しています。

そこでくじけず、目標にむかって頑張ってきた松本花奈さんを見習っていかねば!!!

今回の作品について

今回のHKT 10thシングル「キスは待つしかないのでしょうか?」のMVは、

今作は「疾走感」と「絆」をテーマに、千葉県内で2日間かけて撮影。HKTから大きなエネルギーを感じ、“雨上がりの奇跡”のイメージを演出するために「虹」がコンセプトに加えられ、メンバーは7色の衣装に分かれてドラマシーンに挑んでいる。
 松本は「今回のMVでは、16人のキュートで自然体な表情を沢山切り取りました。恋をすると死ぬほどうれしくなったり、どうしようもなく些細な事でやるせなくなったりします。この最高のラブソングに、その理性では制限の出来ない想いを詰め込みたいと思いました。何度も繰り返し見ていただけますように!」とコメントした。
引用元

実際のMVはYoutubeで公開中!!こちら!!

まとめ

まだまだ19歳という若さ!
新進気鋭と言う言葉がぴったりです!

女優であり、監督でもある松本花奈さんの今後の活躍に期待です!!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする