第26回まんが甲子園決勝出場高校はどこ?予選作品画像は?海外高校も!

みなさん、ご存知でしたか?
まんが甲子園は、高知で開催されているのです!!

と、いいますか、”まんが甲子園”自体の知名度もまだまだかもしれませんっ!
ですが、意外とアツイ闘いが繰り広げられています!!

 5日、高知市で開幕した第26回全国高等学校漫画選手権大会(まんが甲子園)で、第1次競技を終え、台湾と韓国の学校を含む15校が決勝進出を決めた。6日朝に行われる敗者復活戦で選ばれる5校を合わせ、計20校が決勝を戦う。
21道府県の30校のほか、韓国、台湾、シンガポールからの3校を含め計33校が「維新」のテーマでペンを走らせアイデアを競った。今年からは海外の高校も決勝に進めるようになった。産経west

そもそもまんが甲子園って、いったいどのように闘うのでしょう?
決勝を決めた15校や、その予選作品など、気になることがいっぱいです!

敗者復活戦も行われるようですが、もともと審査員は誰がしてるの?
こんな”気になる~”を調査ですっ!!

スポンサーリンク

全国高等学校漫画選手権大会(まんが甲子園)って?

まんが甲子園

    • まんが甲子園の正式名称は「全国高等学校漫画選手権大会」
    • 1992年に始まった、全国の高校生を対象としたまんがの大会
    • もう20年以上も続いているんですね!オドロキです!

    • 参加生徒は「高校ペン児」と呼ばれる
    • 出題されたテーマ1枚の紙に「まんが」を描く
    • チームで予選・1次・決勝戦を争う
    • 最優秀校はクラブ助成金や画材などがもらえる

    ”まんが”でありながら、作品を”1枚”にまとめる、というのはなかなか難しいものではないのでしょうか?
    1コマ漫画にする、ということですよね?
    でないと、”イラスト”になっちゃいますもんね。

    また、近年では、出版社によるスカウト制度も導入。新人漫画家の発掘にも力を入れ、デビューへの新たな登竜門となっている。
    数ある「○○甲子園」の元祖でもあり、平成23年には第20回大会を迎えた。
    毎年、全国から約300校が参加する、とても大きな大会なのだ。

    スカウトもされちゃうんですね!!!
    1枚の中に、漫画家志望の夢も詰まっているんですね。

    ところで、なんで高知?

    「全国」と銘打つ大会の開催地がなんで高知?って思いますよね?
    実は、・・

    高知県出身の漫画家は、JET・中平正彦・西原理恵子・山田章博・横山隆一(以上5名は高知市出身)・はらたいら・やなせたかし・青柳裕介(以上香美市出身)・黒鉄ヒロシ(佐川町出身)・徳弘正也(大豊町出身)・弓月光(いの町出身)・窪之内英策など数多いことから、高知市や県にとって漫画は貴重な文化資源と考え、市民にも漫画に親しんでもらうことと、地域振興などの目的で行われている。

    ということでして、もともとの主催者が高知県なのです!
    20年前にこの大会を企画した人は、本当に先見の明があったのでしょう!
    今ではまんがは日本の文化でもありますから!

    今年からは海外の高校も参加しています!
    台湾や韓国の高校生の作品も気になりますね!!

    決勝を決めた15校とその予選作品は??

    それぞれ「二刀流」または「〇〇ファースト」のどちらかをテーマに描いた作品です。
    (画像引用元:まんが王国・土佐

    都道府県学校名予選作品
    青森県青森県立黒石商業高等学校青森県立黒石商業高等学校
    青森県青森県立弘前実業高等学校青森県立弘前実業高等学校
    栃木県栃木県立宇都宮中央女子高等学校栃木県立宇都宮中央女子高等学校
    栃木県 栃木県立栃木女子高等学校栃木県立栃木女子高等学校
    群馬県 群馬県立吉井高等学校群馬県立吉井高等学校
    群馬県 明和県央高等学校明和県央高等学校
    神奈川県神奈川県立大和西高等学校神奈川県立大和西高等学校
    岐阜県多治見西高等学校多治見西高等学校
    京都府京都文教高等学校京都文教高等学校
    広島県 呉武田学園武田高等学校呉武田学園武田高等学校
    高知県 高知県立高知南高等学校高知県立高知南高等学校
    高知県高知市立高知商業高等学校高知市立高知商業高等学校
    福岡県北海道芸術高等学校福岡サテライトキャンパス北海道芸術高等学校福岡サテライトキャンパス
    韓国全南芸術高等学校全南芸術高等学校
    台湾私立義民高級中学私立義民高級中学

    見た感じ、絵のタッチなど本当に様々で、高校生らしいものからプロのタマゴみたいな作品までありますね!
    決勝戦の作品も楽しみです!

    敗者復活戦の方法は?

    決勝戦は、今回の15校と、敗者復活戦を勝ち上がった5校の計20校で行われます!
    5校も上がってくるんですね、やさしいですけど、決勝がし烈ですな。

    敗者復活戦の方法は?

    敗者復活戦のテーマは「光輝高齢」です!
    敗者復活戦は2日目08:00~09:00、高知市帯屋町商店街「ひろめ市場」にて一般投票が行われます。皆さま、ぜひお越しください!

    敗者復活戦のテーマ『光輝高齢』って難しい!
    つまりは高齢化社会をステキな雰囲気で描く感じでしょうか?
    若い感性が光るのでしょう!楽しみです!!

    2日目というのは、8/6(日)のことです!
    お時間のある、お近くの方はぜひ帯屋町商店街「ひろめ市場」まで!!

    気になる審査員は誰?

    これらの予選・決勝戦などの審査は誰がしているのでしょう?
    主催が高知県だからといって、お役所の方々におまかせできるものではありません!

    ちゃんとプロの方々も審査されています!
    ちなみに今回、第26回の審査員はこの方々です!

    • 牧野圭一:漫画家、漫画文化研究者、日本漫画家協会理事
    • くさか里樹:漫画家、「ヘルプマン」、「ケイリン野郎」
    • Moo.念平:漫画家、「ちゃぐりん」にて執筆
    • ひのもとめぐる:少女漫画家、「溺愛デイズ」(大会OG!!)
    • 久米弘夫:高知漫画集団会長
    • 岩神よしひろ:高知漫画グループクジラの会事務局長

    やや高知色が強い感じもしますが、主催ですので!

    まとめ

    まんが甲子園がなかなか盛り上がっていたのですね^^
    しかもすでに20年ほどの歴史があったことに、驚きを隠せません!

    漫画甲子園から大ヒット漫画家が出る日を楽しみにしています!!!
    1枚の紙だけでは、やや厳しい気もしますが・・・。

    そのあたりの方法には、少し改善や工夫があるとうれしいな、と思います。

    追記!!決勝の結果はこちら!!

    第26回まんが甲子園最優秀賞の高校はどこ?韓国マンガが急成長!
    さて、先日お伝えしておりました、第26回まんが甲子園の決勝結果が発表されました!!! し烈な戦いを制し、最優秀賞を獲得した高校はどこだ...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする