甚五右ヱ門芋(じんごえもんいも)の通販やお取り寄せ!森の家の予約方法は?

9月30日 放送の『満天☆青空レストラン』紹介されました

甚五右ヱ門芋(じんごえもんいも)

ねっとりとした粘りと柔らかさで予約殺到の里芋です!
塩ゆでしただけで、すでにおいしそう!

甚五右ヱ門芋(じんごえもんいも)

BE・PAL

今回の舞台は・・・

山形県最上郡真室川町

とろっとろのもっちもち特別な里芋の特徴は

  • 豊かな湧き水
  • 盆地特融の寒暖差
  • 室町時代ごろから作り続けられている
  • 佐藤家だけに伝わる伝承野菜

このように、非常に希少ものなのです!

スポンサーリンク

甚五右ヱ門芋(じんごえもんいも)の通販やお取り寄せは?

気になる甚五右ヱ門芋(じんごえもんいも)の通販やお取り寄せは可能なのでしょうか??
取り扱いサイトなどを探していきましょう!!

甚五右ヱ門芋(じんごえもんいも)とは?

この甚五右ヱ門芋(じんごえもんいも)は佐藤家だけに伝わる、”希少な伝承野菜の里芋”です。

というのも、

元々は祖母(80)が自家用に20株作っていただけの無名の里芋だった。
 「際立つブランドが身近に隠れていた」。佐藤さんは宝物を見つけたような気持ちで栽培を引き継ぎ、先祖にちなんだブランド名を付けて売り出した。10年もたっていない。
 楕円(だえん)形の品種「土垂(どだれ)」の一種とされるが、佐藤家の芋は細長く、粘り気の強い独特の性質を持つ。河北新報

つまりは、本当に佐藤家でしか作られていない、希少な里芋なのです!

甚五右ヱ門芋(じんごえもんいも)と言うネーミングは、つい10年前につけられたのですね!

通販サイトは?

”佐藤家だけに伝わる伝承野菜”ということから、通販やお取り寄せができるサイトは、佐藤さん運営のサイト

『伝承野菜 森の家』のみとなっています!

森の家

そのままの甚五右ヱ門芋(じんごえもんいも)から下処理をしたものまでコチラで販売されていますね^^

【特選】は特に形がよく、そろったもののようです。
【並】はサイズがふぞろいですが、柔らかさや美味しさは同じですからこちらがお得ですね!

【皮むき】は皮をむいた子芋と孫芋が真空パックになったものです。届いてすぐに調理できますね!

親芋・子芋・孫芋って?

  • 一番大きい中心的な大きな葉を付けているのが親
  • それに一番目にくっついているのが子芋
  • さらに子芋の先にくっついている物が孫芋

「親芋はまずいので食べない」ともよく言われますが、それは品種によるもので、こちらの甚五右ヱ門芋(じんごえもんいも)は親芋も美味しくいただけます!!

甚五右ヱ門芋(じんごえもんいも)のイベント:芋祭

毎年芋の収穫時期に、『芋祭』が行われています!

芋祭

みんなで泥だらけになって芋を掘り、真室川のおばちゃんたちが作るおいしい芋煮や郷土料理に舌鼓を打ちましょう。もちろん、地域のおばちゃん方と一緒に芋煮作りにのお手伝いも大歓迎です。

今年は2017年10月14日(土)の開催です。

芋祭2017(甚五右ヱ門芋収穫祭)
開催日:2017年10月14日(土)
時間:11:00~14:30(受付開始:10時45分〜)
定員:60名(要予約/定員になり次第終了)
会場:安楽城地区総合施設(山形県最上郡真室川町大沢837-6)
参加費:¥3,500(大人)¥2,000(小学生以下) 小学生未満無料 *
芋手ぬぐい、昼食(芋煮とおにぎりと郷土食、天然鮎の塩焼き)、芋掘り1株分を含む
*小学生料金には芋掘りは含まれておりません(芋掘りは別途1000円)
*小学生未満は昼食無料ですが、手ぬぐい・芋堀りは付いておりません
諸注意:当イベントは予約制です。当日受付は行っておりません。/シャトルバスはございません。各自、乗り合わせの上、自家用車でご来場ください。

芋祭の詳細と予約フォームはコチラ!!

甚五右ヱ門芋(じんごえもんいも)の収穫に合わせ「芋祭2017」を開催いたします。自然や文化、食べ物など、山形の真室川を満喫してください。

予約フォームが機能していることから、まだ予約数に達していないものと思われます!!

参加費は必要ですが、貴重な芋ほり体験+希少な里芋+郷土料理+鮎!!非常にコスパがよいです!

森の家の宿泊予約方法は?

『森の家』は宿泊も可能です!

宿泊対象者が限られているので注意!!

  • 甚五右ヱ門芋(じんごえもんいも)をご購入頂いている方
  • これまで植え付け体験や芋祭りへ参加して頂いた方
  • 友人
  • 仕事仲間やその紹介者

宿泊料金はとてもリーズナブル!!

宿泊料金/一泊二食付き(税別)
大人(3〜5名様)=8,000円/1人
大人(2名様)=10,000円/1人
こども=5,000円/1人
幼児=3,000円/1人

宿泊可能期間(営業日)は?

  • 4月下旬〜5月・7月10日頃〜8月まで(冬期間休み)

お野菜のオイシイ時期だけなのですね!

最大の注意点!!!

こちらの”宿”は佐藤さんがお住まいの家になります!!
ですので、

  • 住居の空いている部屋に宿泊する形
  • 部屋は1部屋、1日1組限定
  • トイレなどもご家族と共用

つまり、『田舎のおうちに、農業のお手伝いをしにお泊りに行く感覚』が近いと思います!!

予約をすれば、山菜の収穫などもできるんですよ!!
都会のお子様にはとても貴重な体験ですよね^^

予約方法は?

こちらの『宿泊の申し込み』からとなっています!

残念ながら、

  • 2017年中の予約は全て終了


となっています。

まとめ

『満天☆青空レストラン』で紹介された甚五右ヱ門芋(じんごえもんいも)についてご紹介いたしました!

  • 佐藤さんのサイト「森の家」で通販・お取り寄せ可能
  • 「芋祭」で芋ほり体験やお芋の食事ができる!
  • 「森の家(佐藤さんのおうち)」に宿泊可能

見れば見るほどおいしそうです!
まずは、お取り寄せで味を確かめてみましょう!!

『満天☆青空レストラン』のこちらもどうぞ!
新潟県産コシヒカリ100%の生麹!調味料や甘酒に!

大阪河内の河内鴨!臭みもなくて食べやすい!

伝承野菜!高校生がよみがえらせた南部太ネギ!

とにかくカニ!秋田の川かに味噌がたまらん!

ひと味もふた味も違うバルサミコ酢!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする