石見神楽が京都祇園祭で!日程と時間や場所と見どころは?

コンチキチンと聞こえる祭囃子♪  いよいよ祇園祭の季節です!

ところで、みなさん『石見神楽(いわみかぐら)』 ってご存知ですか??

石見神楽石見神楽
島根県西部に伝わる伝統芸能ですが、とても勇壮で荘厳!きらびやかに神話の世界を表現しているのです。

祇園祭の期間中、さまざまな伝統芸能が八坂神社に奉納される、奉納行事の一つです。
日本に長く受け継がれてきた伝統芸能を間近で見れるチャンスです!!

今回は、『石見神楽(いわみかぐら)』の上演場所・日程・時間を確認していきましょう!!

スポンサーリンク

石見神楽(いわみかぐら)って?

石見神楽(いわみかぐら)とは神楽の様式のひとつである。島根県西部(石見地方)と広島県北西部(安芸地方北部)において伝統芸能として受け継がれている。日本神話などを題材とし、演劇の要素を持つ。

国の無形文化財に指定されています。

今回の祇園祭り奉納行事での演目は、八坂神社のご祭神である素戔嗚尊(スサノオノミコト)が登場する『大蛇』ほか。

リズミカルなお囃子にのせて、スサノオノミコトがヤマタノオロチを退治するシーンは見ごたえありです!!
和紙や竹で作られたオロチのしなやかに動く胴体や、スサノオノミコトのきらびやかな衣装にも注目です!

上演場所・日程・時間は?

祇園祭2018 石見神楽の奉納

  • 日程:2018年7月16日(月)
  • 時間:18:30~
  • 場所:八坂神社

よく見える場所は?

八坂神社の能舞台で開催されます。
当日は朝から八坂神社内でも、『献茶祭』などのさまざまなイベントが催されています。
たくさんの人出が見込まれますので、能舞台が良く見える特等席は、早めにキープが必要ですね!

おすすめの見どころ!

石見神楽は、子どものころに見て忘れられないほどの衝撃をうけました。
映像だけでも、十分に楽しめるのですが、
実際に間近で、

  • オロチのうねりを感じ
  • お囃子が体に響き
  • オロチの吹く炎の熱気を感じる

ことで、より大きな衝撃をうけることでしょう。

日本の神話の荘厳さ、伝統芸能のすばらしさを、ぜひ体感しに行ってください!
祇園祭のついでに、すてきな発見ができますよ。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする