牛乳石鹸CM何を洗い流す?意味不明わからないと話題の動画!新井浩文

牛乳石鹸は有名ですが、その会社名は知りませんでした!!
牛乳石鹸共進社という会社なんですね!

ところで、今回、こちらの会社がWebで公開したムービーCM「与えるもの」編あまりにも意味不明でわからないと話題になっています!!

牛乳石鹸で有名な牛乳石鹸共進社が公開したWEBムービー「与えるもの」篇が「意味がわからなすぎる」とネット上で話題になっている。nifty

今回話題となった新井浩文さんが出演されたCMはどのようなものだったのでしょうか?
動画を確認したいですね!

また、今回の広告を作成したのは、広告代理店大手の電通です!
電通は、今年7月にも、サントリービールが新発売した『頂』のPR動画でも批判が相次ぎ公開中止となっていました。
その記事はコチラ!

サントリー頂CMが下品で炎上!下ネタで気持ち悪いと言われる動画は?
サントリーが7月4日に新発売したビール「頂(いただき)」のCM動画が「下品」「気持ち悪い」「下ネタ」と騒動になっています。 問題の動画...

また炎上を狙ったものではないかという意見もありますね・・・。

スポンサーリンク

問題のWebムービーCMの動画はコチラ!

こちらが問題の動画ですが、たしかに少し言葉足らずな印象は受けますね。
『考えさせる邦画』路線に向かってしまってますね!

内容はコチラ

俳優の新井浩文さんが3人家族の父親を演じている。描かれているのは、息子の誕生日の一日だ。ゴミ出しをしてから出社し、妻に頼まれて誕生日ケーキとプレゼントのグローブを買う男性。しかし終始浮かない顔をしている。

「あの頃の親父とはかけ離れた自分がいる。『家族思いの優しいパパ』。時代なのかもしれない。でも、それって正しいのか?」

せっかくケーキとプレゼントを買ったのに、男性はすぐに帰宅せずに部下と飲みに行ってしまう。帰宅すると妻に「なんで飲んで帰ってくるかな」と責められるが、話し合いを拒み「ちょっと風呂入ってくる」と風呂場へ。ここで牛乳石鹸が映し出される。

翌朝、出社するためにバスに揺られる男性が映し出され、「さ、洗い流そ」というフレーズでCMは締めくくられている。どうやら、父親のあるべき姿についての悩みを洗い流して気持ちを切り替える、という趣旨のようだ。

今回のCMに対するみなさんの意見や解釈の例

と、やはり『意味不明』『わからない』『怖い』『サイコスリラーぽい』など、あまりいい印象がありません。

ですが、中には

やはり、『邦画』のショートムービーとしてとらえている方もいらっしゃいます。
その視点から見れば、非常に興味深いムービーのようです!

「牛乳石鹸のCM」である、ということを横に置いといたら、本当にいい作品だと思います!!

考察

とても考えさせるショートムービーとして観れば、とても興味深いですし、演技もとても素敵です!
商品のCMとして見れば・・・少し難解で意味不明に感じます。

内容としては、
一緒にキャッチボールもしてくれなかったような自分の父親
そんな父親にはなるまいと、家族思いの優しいパパになった
ふと、これは正しいのか?と言う気持ちにつき動かされる
優しいパパを捨ててみた
後悔した
お風呂で、悩んでいたことを「洗い流した」

っていう父親像の葛藤を描きたかっただけなようにも思うのですが、
やはり、母親の気持ち・子どもの気持ちを思うと、なかなかうなずきにくいですね。

だからこそのWebムービーだったのかもしれませんが・・。
これ、TVでやったらかなり批判が激しかったと思います!!

公式サイトでは

『家族思いの優しい父親』が増えつつある昨今、そこに収まっていながら、今のままでいいのかと感じる父親の葛藤」を描いたと説明している。

子どもの頃は苦手だった、優しいパパとは正反対の『父親』にも学んだことがあるということに、自分が父親になった時に気付いた、ということでしょうか。

優しいだけのパパじゃダメなんじゃないか、と思ってのかもしれませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする